洗顔の手順

乾燥を防ぎ、くすみやシワを予防する洗顔の手順

洗顔は日々の顔についた汚れなどを綺麗に洗い流し肌の正常なターンオーバーを促すために欠かせない毎日のケアです。
そのため、ひとたび間違った洗顔をしてしまうとそのダメージは肌が直接受けてしまうので気をつけなければなりません。

 

そこで洗顔の正しい手順、やり方を紹介します。

 

まず洗顔時には顔の周りの髪の毛が刺激になることがあるのでしっかりとヘアバンドで髪の毛をあげるか束ねるかしてください。
その後に手も綺麗に洗っておき、顔を水またはぬるま湯で少し濡らしておきます。

 

次に洗顔料はきめが細かく逆さにしても垂れ流れないぐらいの弾力の泡を作ります。
最近ではポンプを押すともうすでに泡で出てくる洗顔料もありますが泡立てネットなども安価で売っていますから便利なので活用してみてください。

 

しっかりした泡が作れたらその次は泡を顔に乗せていきます。
ここで、むやみやたらに乗せてはいけません。
顔の中にも汚れが付きやすい・付きにくい、皮脂が出やすい・出にくいなどの特徴がありますから肌に負担をかけないためにもしっかり理解して洗ってください。

 

初めは皮脂が出やすく脂っこいTゾーンを小さな円を書くようなイメージで洗います。
鼻の頭や小鼻は汚れが溜まりやすいので指で優しくマッサージするようにくるくると洗います。
洗う時は必ずゴシゴシせず、手が顔につくかつかないかのぎりぎりのところで顔に乗った泡を動かすような感じで洗ってください。

 

最後はほほや目の周りなどのデリケートな部分を優しく洗って、30度前後のぬるま湯で洗い流してください。
泡で洗った時間の二倍を目安にしっかりと顔についた泡をすすいで落とします。

 

顔を拭くときはタオルでごしごしせず、軽く抑えて水分を吸収させるようにします。

関連ページ

夏の保湿とスキンケア
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
頑固な鼻の角栓、黒ずみの除去方法
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド