肌とコスメの基本情報

肌を守る役割をするバリア機能について

肌を守るバリア機能と良く表現されることがありますが、具体的には何を指してバリア機能をいうのか、ここを理解していることがスキンケアに対する考え方にも大変重要なので、おさらいしておきましょう。

 

バリア機能は、肌を外部からの刺激から守るために必要で、更に、肌から水分が蒸発して乾燥してしまうのを防ぐ役割をします。

 

外からの刺激から守り、うるおいを閉じ込める役割です。

 

これは、肌が元々持っている皮脂や油分が、このバリア機能に当たります。
皮脂も油分も多過ぎてもいけませんし、または取り過ぎてもいけません。

 

皮脂は、古くなるとポロポロと垢(アカ)のように剥がれ落ちてきたり、毛穴が詰まる原因にもなったりもしますので、洗顔やクレンジングでしっかり取りたいと考えている方もいるかもしれませんが、肌に必要なものですので足りなくなると、それを補う為に多く分泌されてしまいます。

 

過剰に分泌されるサイクルが続いてしまうと、赤みを帯びた湿疹のような状態になる場合もあります。
また、油分も同じでテカリの原因にもなってしまいますので、気にされている方も多いかもしれませんが、適度に必要ですし、足りなくなれば皮脂と同じように過剰に分泌されるてしまいます。

 

肌のお手入れで、洗顔して保湿

 

この流れで、化粧水、美容液、乳液と使っていると思いますが、閉じ込める役目をする乳液と役割は似ているかもしれませんね。

 

スキンケアは洗顔が大切と言われますが、洗顔石鹸やクレンジングによって、皮脂や油分を取り過ぎないことが美肌への土台作りには大切な訳です。
皮脂や油分を取り過ぎて、カラッカラの状態で保湿しても蒸発しやすい状態と言えますから、バリア機能を回復させたり、高めたりする為には洗顔から見直すことが大切です。

関連ページ

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いについて
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
日焼け止めのSPFとPAの違い
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
化粧水と乳液と美容液の各役割
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド