保湿化粧品の各役割

化粧水と乳液と美容液など、保湿化粧品の各役割

基礎化粧品には、化粧水・美容液・乳液・クリームと色々な種類がありますが、それぞれ役割が異なりその意味を理解した上で使用すると効果が得られやすくなっています。
毎日使用するものですが、意外と意味までは知らない人も多くなっており、まずは目的を理解してみて下さい。

 

化粧水は洗顔後に肌の油分や水分が失われてしまうため、主に水分を補う目的を持っています。
配合されている成分は精製水や保湿成分・植物成分などで、そのほか角質を柔らかくしたり肌を清浄に保つための成分も配合されている事があります。
化粧水はどの肌質の方も必須アイテムで、乾燥している人だけが付けるものではありません。
逆に油っこい人のほうが実は肌が乾燥している事も見られており、肌が乾燥すればより潤わせようと皮脂を多く分泌させる結果となってしまうため使用するようにしましょう。

 

次に美容液ですが、化粧水だけでは得られない効果があります。
例えば、保湿効果を高めたり、美白やアンチエイジング、シワケアなど様々な目的を持っています。
肌にトラブルが無い人は加える必要はありませんが、40代以降になれば誰でも多少の問題を抱えている方も多いため、美容液をプラスしてみるのも良いでしょう。
また、美容液は美容に良い成分の濃度が高いものと覚えておいて下さい。

 

最後に乳液やクリームですが、肌の表面に油膜を作り肌の内部にある水分を蒸発させない意味を持っています。
洗顔をする前は天然の皮脂がこの役割を果たしていますが、化粧水の浸透を良くする目的で一度油分を洗顔で取り除いているため、最後に加える必要があります。

各役割を一つにまとめたオールインワン化粧品

化粧水や美容液、そして乳液など保湿化粧品としての役割を一つにまとめたオールインワンジェルが今人気を集めています。

 

1度で保湿を完結できる手軽さと、一つにまとまったことで基礎化粧品に掛かる費用も抑えられるのが人気の理由です。

 

ハリを与えもっちり引き締める、シワやたるみ予防の為のオールインワンゲルならシワ対策オールインワンゲルランキングが参考になります。

 

うるおいを与える成分と、うるおいを閉じ込める成分がバランスよく配合されたオールインワン化粧品は、これまでの保湿の仕組みを変えた新しい保湿の形として、手軽さとお得感の高さから今選ばれる方が増えていますよ。
ただ、ポイントを抑えたオールインワンである必要があるので、そのポイントはおすすめのサイトで確認してください。

関連ページ

バリア機能とは
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いについて
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
日焼け止めのSPFとPAの違い
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド