紫外線散乱剤と紫外線吸収剤

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いについて

日焼け止めと言っても、現在市販されている日焼け止めには紫外線散乱剤と紫外線吸収剤というものが使用されているって知ってましたか?

 

紫外線散乱剤とは、散乱剤と言われるパウダー状のもので肌を均一に覆うことで、紫外線を肌の表面で反射、または散乱させるというものです。
主に酸化チタンや酸化亜鉛と言われる、白色の粉状のものが使われています。
そのため、肌に塗ったとき、白っぽくなるのが特徴的です。

 

メイク時にも肌が白く浮いてしまうこともありますが、吸収剤にくらべて肌への負担が少ないので、敏感肌など肌の弱い方にはおすすめかもしれませんね。
この散乱剤は粉なので、短時間で飛んでしまうといった点も覚えておくとよいでしょう。

 

次に紫外線吸収剤ですが、吸収剤はその名の通り、化学的な仕組みで紫外線のエネルギーを吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変えて紫外線が皮膚の細胞に侵入するのを防ぐといったものです。

 

吸収剤は化学反応を起こす為に、肌への負担が散乱剤よりも大きいです。
また、吸収剤は油分を使っているので酸化しやすいものが多いです。

 

しかし吸収剤のように白っぽくなることはなく、透明でスプレーやジェル・ローションとしても使用感が良いのが特徴です。
吸収剤の方が紫外線をブロックする力も強いと言われています。

 

散乱剤・吸収剤両方が入ったものも市販されています。

 

それぞれのメリット・デメリットを知った上で、自分に合った日焼け止めを選ぶことが大切ですね。
日焼け止めに良く書かれているSPFとPA。その違いについてはこちら

関連ページ

バリア機能とは
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
日焼け止めのSPFとPAの違い
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
化粧水と乳液と美容液の各役割
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド