肌とコスメの基本情報

日焼け止めのSPFとPAの違いについて

一言で紫外線と言っても、いくつかの種類があります。
紫外線には波長の長さの違いがあり、この波長の長さで「UVA」「UVB」「UVC」という3種類に分けられています。
この3種類の中で実際に地上に届いて私たちの肌に影響を与えているのは「UVA」と「UVB」の2つです。

 

「UVA」は紫外線A波とも言われ、皮膚の奥の真皮と言われるところまで届く紫外線です。
この紫外線A波は、コラーゲンやコラーゲンの繊維を支える役割を持つと言われている、エラスチンにダメージを与えます。
肌の奥に届きダメージを与えている為、すぐに目に見えてわからないのが特徴です。

 

この紫外線A波をブロックできるものを、SPFと言います。
0から50の数値で表され、数値が高いほど紫外線をブロックする効果が高いです。

 

もう一つの紫外線「UVB」は、紫外線B波と言われています。
この紫外線B波は皮膚の表面である表皮の部分にダメージを与える紫外線で、日焼けや皮膚の炎症を起こさせる原因となる紫外線です。

 

この紫外線B波をブロックするものがPAなのです。
PAは+、++、+++で表されます。
+が多いほどブロックする効果が高いです。

 

また、UVAはUVBと違って夏に限らず、年間を通して存在するので、一年中対策が必要と言えるでしょう。

 

このように、ブロックしたい紫外線によってSPF・PAを使い分けて日焼け止めを購入するとよいでしょう。
SPFは主に春から夏にかけて日差しの強い時に、PAで一年中対策が必要なのです。

 

日焼け止めを選ぶ上でもう一つ!知っておきたい「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」についてはこちら

関連ページ

バリア機能とは
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違いについて
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド
化粧水と乳液と美容液の各役割
40代から透き通る白い素肌を取り戻すためのお手入れ実践ガイド